作例付きレビュー:ボケ感が美しすぎる「SEL50F18」の魅力

SEL50F18

「超」がつくほど気に入っている「Sony E 50mm F1.8 OSS(SEL50F18)」は、わたしがはじめて購入した単焦点レンズです。

ちなみに単焦点レンズというのは、焦点距離がひとつしかないレンズのことで、わかりやすく言うとズーム(拡大)ができません。

だけどその分、「明るさ」というメリットを手に入れられます。

今回ご紹介するSEL50F18は、数ある単焦点レンズの中でも、開放絞り値がF1.8とかなり明るめな良レンズとなっています!

標準ズームレンズの絞り値がF3.5-5.6程度なのに対し、単焦点レンズはF1.8やF2.8が多いです。Fの値が小さければ小さいほど、カメラにたくさんの光を取り込むことができるので「明るいレンズ」と呼ばれます。

関連:ボケには不可欠!知っておきたい「絞り」のこと

それでは、さっそくSEL50F18の魅力を見ていきましょう!

ここがおススメ!SEL50F18 作例付きレビュー

F1.8の明るさでシャッタースピードをカバー
SEL50F18作例

Sony SEL50F18|50mm|F1.8|1/250sec

たとえば水族館の被写体はよく動くので、速いシャッタースピードが不可欠です。シャッタースピードを遅くすると、ブレブレになります。

関連:手ブレ防止にも!知っておきたい「シャッタースピード」と設定方法

よっしゃ!じゃあシャッタースピードを速めてっと!

気持ちはわかりますが、シャッタースピードを速めるためには条件があります。それは「明るさ」、つまり「光量」が必要なんです。

ですが、館内は暗いことがほとんどなので、物理的な明るさは得られません。

じゃあ、どうするかといえば、カメラの絞り値をできるだけ小さくしてあげるんです。目に例えれば、目を大きくいっぱいに開いて光を取り込むイメージですね。

その点、絞り値をF1.8まで小さくできるSEL50F18は、速いシャッタースピードがほしいときに重宝します。

写真の明るさは、シャッタースピード×絞り値×ISO感度で決まります。ISO感度を思いきり上げれば、ノイズは入りますが、多少暗いレンズでもシャッタースピードを速めることはできます。

なので考え方としては、なるべくISO感度を抑えたいときに、明るいレンズを使うということになります。

とろけるようなボケ感による演出
SEL50F18作例

Sony SEL50F18|50mm|F1.8

被写体の前後をぼけさせやすいのも、SEL50F18の特長です。しかも、とろけるような、美しいボケを作り出すことができるんです。

とろけてるんでわかりにくいと思いますが、この写真、じつは被写体の下と後ろに和紙を置いて撮ってます。

関連:写真をぼかす!知っておきたい「絞り」のこと

玉ボケもキレイに撮れる
SEL50F18作例

Sony SEL50F18|50mm|F2.0

2017年に鎌倉明月院で撮影したアジサイは、玉ボケがきれいに作れました。SEL50F18で玉ボケをまあるく作るなら、開放値よりも少し絞ったほうがいいみたいです。(写真はF2.0で撮影)

明月院の混雑ぶりはすごいですが、中望遠のレンズは人の肩越しに撮れる、なんてメリットも!

SEL50F18のセット内容

SEL50F18

パッケージの中には、レンズ本体とレンズフードが入っていました。

レンズフードは余分な光を遮ったり、レンズを保護するために利用します。当時は「なんだ、このコップは」程度でしたが、レンズフードはとても大切です。

レンズフードがなければ、今あるレンズはすでに傷だらけになっていたはず。コップだなんて言ってごめんよー。

SEL50F18

レンズ本体の全長は62mm、質量は約202gとわりと小ぶり。ただ、標準ズームレンズに比べるとやや重めです。

まとめ

単焦点レンズは、ズームによる寄ったり引いたりができない不便さはあるものの、被写体の前後をぼかしすことで印象的に仕上げたり、屋内での撮影には強みがありますね。

おさらいすると、SEL50F18は

  • レンズが明るいのでシャッタースピードを稼ぎやすい
  • 焦点距離が50ミリ(中望遠)で前後をぼかしやすい
  • とろけるような、美しいボケ感のある写真が撮れる

レンズということです。

さらに価格は2万円台とお手ごろなので、はじめての単焦点レンズにもおススメです!

補足:ソニーストアがおすすめです

ソニー製のレンズを購入するなら、カメラ・レンズの故障に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けられる「長期保証<ワイド>」が選択可能なソニーストアがおすすめです。

αあんしんプログラム(有償)に加入すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料/5年〈ワイド〉50%OFF」の優待が受けられます。ポイントは先に加入しておくこと。同時加入だと、優待対象外になるので注意が必要です。

これまでレンズを壊したことはありませんが、やはり外に持ち歩くものなので、念のためワイド保証を付けるようにしています。

SEL50F18をソニーストアでチェック!

関連:作例付きレビュー:小型軽量マクロ「SEL30M35」の魅力
icon

コメント