縦のまま横構図が撮れる!iOSアプリ「HiVideoS」が手放せない

横構図で撮りたいのに、スマホの基本ポジションである縦(タテ)のまま撮ってしまうことありませんか?

横にするとホールドが弱くなる、横にするのが面倒、写真撮ってますアピールみたいで恥ずかしい・・・などなど、理由は人それぞれだと思います。

HiVideoS

横がまえはちょっと面倒。

かくいう私も、スマホで撮るときはタテ派なのですが、ブログは横構図のほうが収まりが良いので、ちまちまPhotoshopで修正したりしています。

画像修正は嫌いじゃないけど、このひと手間を何とかしたくて見つけたのが「HiVideoS」。なんと、iPhoneを縦に持ったまま、横構図の撮影ができてしまうアプリなんです!

HiVideoS – 縦持ちで横長ワイド撮影

HiVideoS

「HiVideoS」でできること

さっそく、HiVideoSの画面を見ていきましょう。(スマホ画面は縦長なので、二分割しています。)

HiVideoS

「HiVideoS」画面上部

やはり特徴的なのはその画面。iPhoneは縦のままでも、構図は横になります。

ヘッダーメニューに並ぶのは、フラッシュやカメラの前面/背面の切り替え。このあたりは、普通のカメラアプリと変わりませんね。

グリッド線は水平を意識するのに便利なので、オンにするのがおすすめです♪

HiVideoS

「HiVideoS」画面下部

  1. ズーム
    +方向にスワイプすると、ズーム撮影できます。
    *
  2. 解像度
    写真の解像度を選択できます。
    *
  3. 広告表示
    HiVideoS無料版では、シャッターを5回きると、全画面広告に切り替わります。その代わり、撮影時に広告に邪魔されることはありません。数字は広告に切り替わるまでのカウントダウンです。
    *
  4. AEロック
    露出(明るさ)を固定します。どんなときに使うのかは後述。

ほかにも、画面タップでピントロックしたり、マナーモードでシャッター音を消すこともできます。

AE(露出)ロックって何?どんなときに使うの?

カメラは、測光といって被写体に当たる光を自動で測ります。その値を固定するのが、AEロックです。

例えば、逆光の中、普通に撮影すると被写体は暗く写ります。これは、測光の結果、カメラが明るすぎると判断し、暗めに撮ろうとするから。要は、カメラが判断した明るさが写真と合っていないということです。

HiVideoS

「HiVideoS」AEロックなし

こんなときに便利なのが「AEロック」。明るさを固定してあげることで、暗く写りがちな被写体を明るく撮ることができます。

HiVideoS

「HiVideoS」AEロックあり

ちなみに、今回「何」でAEロックしたのかというと、自分の手です。

自分の左の手の甲にカメラを合わせ、「AE Lock」ボタンを押してから、撮影しました。

なんで手なのかというと、難しいので詳細は省きますが、人の肌色は標準露出に近いと言われていて、プロの写真家さんでも使う技らしいです。

HiVideoS

自分の手の甲でAEロックしました。

HiVideoSに限りませんが、写真が明るすぎるとか、暗すぎるとか、露出に迷ったときはぜひ試してみてくださいね。

なお、カメラによっては露出補正機能が付いていて、プラスやマイナスで写真の明るさを変えることができますが、HiVideoSには露出補正はないため、露出をコントロールしたい場合はAEロックを使います。

「HiVideoS」はこんな人におすすめ

HiVideoSには、露出補正やホワイトバランス、フィルターなどの機能はありません。

そのぶんシンプルなので使いやすいのですが、インスタグラムなどはフィルターありきの部分もあるので、ちょっと物足りないかも。

というわけで、HiVideoSに向いている人を考えてみました。

HiVideoSはこんな人におススメ!

  • スマホは縦のまま、横構図で写真を撮りたい人
  • 色調補正は自分でやりたい(もしくはできる)人
  • シンプルに使いたい人

おわりに

スマホは縦に持ちたい。でも、写真は横構図で撮りたい。

HiVideoSは、そんな悩みを解消してくれるアプリです。

露出補正、ホワイトバランスが設定できればなお良いのですが、そこは今後のアップデートに期待したいと思います。

HiVideoS – 縦持ちで横長ワイド撮影

コメント