作例付きレビュー:小型軽量マクロ「SEL30M35」の魅力

Sony E 30mm F3.5 Macro

ソニーストアのジュエリー撮影体験会でお借りしたのをきっかけに購入したマクロレンズ「Sony E 30mm F3.5 Macro (SEL30M35)」は、お気に入りレンズのひとつ。小型軽量なうえ、オールマイティに使える点が気に入ってます。

マクロレンズとは、小さな被写体を大きく写せるレンズのことです。

ここがおススメ!SEL30M35 レビュー

マクロから風景まで何でも撮れる!

Sony E 30mm F3.5 Macro 作例

SEL30M35は、2万円台で手に入る等倍マクロレンズです。

最短撮影距離が短く、小さな被写体にぐぐっと寄ることができます。なんと最短撮影距離は約9.5cm。レンズの先端からであれば、1cmくらいまで近寄れます。

マクロ撮影には興味あるけど、そんなに撮る機会ないよなあ・・・と思ったそこのアナタ!わかります!!じつは私も同じ理由で迷いました。

ですが、そんな私にソニーストアのアドバイザーからひとこと。「マクロレンズは、風景写真も撮れますよ。」

つまり、マクロレンズはマクロ撮影もできる単焦点レンズだったんです。

SEL30M35の場合、焦点距離30mm(APS-C:45mm)の単焦点レンズ。スナップ撮影にちょうど良い画角です。また、マクロまでいかなくても、最短撮影距離が短いのでテーブルフォトや商品撮影などにも向いています。

Sony E 30mm F3.5 Macro 作例

クリスマス時期の六本木・ミッドタウンにて。

また、開放F値は普通の単焦点レンズよりも暗めのF3.5ですが、被写体に近づくほど大きくぼけ、逆に被写体から離れればシャープに撮れます。この特性を活かして、夜景撮影に好んで使われるかたも多いそうです。

小型・軽量で女性も楽々

30mm F3.5 Macroの重さは、わずか138g。レンズとしてはかなり軽量です。この軽さは、女性にはうれしい限り。

Sony E 30mm F3.5 Macro専用レンズフードが付属していますが・・・、

Sony E 30mm F3.5 Macroマクロ撮影時は被写体にかなり近づくので、プロテクトフィルターも付けておくと安心。フィルター径は49mmです。

Sony E 30mm F3.5 Macro

愛用している50ミリ(SEL50F18)と本体の大きさはほぼ同じです。

関連記事:
初めての交換レンズは単焦点でした――私が「Sony E 50mm F1.8」を買った理由

SEL30M35の作例

SEL30M35でこれまでに撮影した写真たちをご紹介します。

Sony E 30mm F3.5 Macro 作例

手前においたハートのモールを前ボケで撮った1枚です。(@ソニーストア)

Sony E 30mm F3.5 Macro 作例

池上梅園にて。

Sony E 30mm F3.5 Macro 作例

マクロっぽい?1枚。日比谷公園にて。

まとめ

最近ちょこっと出番は減っているものの、SEL30M35はバランスのいいレンズです。

  • マクロ撮影だけでなく、30mmの単焦点レンズとして使用できる
  • 小型軽量で女性でも持ち運びやすい
  • 2万円台で購入可能

マクロ撮影は難しいですが、おもしろい作品を撮られているかたもいらっしゃるので、興味ある方はぜひ試してみてください。

補足:ソニーストアがおすすめです

ソニー製のレンズを購入するなら、カメラ・レンズの故障に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けられる「長期保証<ワイド>」が選択可能なソニーストアがおすすめです。

αあんしんプログラム(有償)に加入すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料/5年〈ワイド〉50%OFF」の優待が受けられます。ポイントは先に加入しておくこと。同時加入だと、優待対象外になるので注意が必要です。

これまでレンズを壊したことはありませんが、やはり外に持ち歩くものなので、念のためワイド保証を付けるようにしています。

ソニーストアでSEL30M35をチェック

コメント