【SEL30M35】カレッタイルミネーション2019を撮ってきた

カレッタイルミネーション2019

カレッタ汐留で開催中の「カレッタイルミネーション2019」に行ってきました。

仕事帰りに寄ったので、レンズは小型軽量マクロ「SEL30M35」一本。やっぱりこれ、軽くていいですねえ。モチロン荷物になる三脚はなしです。

がっつり撮る人からは「やる気あんのか!」と怒られそうですが、寒さも手伝い、ゆるーいひとり撮影会となりました。

カレッタイルミネーション2019

ディズニー映画『アラジン』の人気楽曲と煌めく光が贈る、魔法の夜。魅惑のカレッタイルミネーションにようこそ――。

カレッタイルミネーション2019では、『アラジン Best Song Award』で選ばれた人気楽曲「ホール・ニュー・ワールド」「スピーチレス~心の声」のイルミネーションショーが楽しめます。

■ショーの時間(11月~12月)
17時00分|15分|30分|45分 ホール・ニュー・ワールド
18時00分|15分|30分|45分 スピーチレス~心の声
19時00分|15分|30分|45分 ホール・ニュー・ワールド
20時00分|15分|30分|45分 スピーチレス~心の声
21時00分|15分|30分|45分 ホール・ニュー・ワールド
※1月3日以降は18時~。
イルミネーションの点灯自体は23時までですが、音楽とともにイルミネーションが変化していくショーは必見です!
ゆっちぃ
ゆっちぃ

写真撮るの忘れて見入っちゃった!

開催期間:
2019年11月14日(木)~2020年2 月14日(金)※元日、1月2日を除く

カレッタイルミネーション2019の混雑具合

わたしは平日に行きましたが、混んでいました。ただ、本格的な混雑はこれからのよう。

とくにピークが予想される12月21日(土)~12月25日(水)は入場規制がおこなわれるそうなので待つことは必至となりそうです。

カレッタイルミネーション2019

引用:https://www.caretta.jp/Illumination/about.html

平常時は図のとおりメインエリアへの入場口はぜんぶで3箇所ありますが、メインツリー前のエリアと会場中央エリアへの入場口は別なので注意しましょう。

なお、ショー開催中はロープが張られ、中に入ることはできません。

メインツリー前のエリアへ行くには「メインツリー前フォトスポット入り口」に並びます。会場中央エリアへの入場口は2箇所ありますが、人だかりでわかりにくいのが難点です。

カレッタイルミネーション2019

なんとか入れた会場中央エリアから撮った1枚。メインツリーを中心に見ることができました。

小型軽量マクロ「SEL30M35」で撮ってきた!

でもね、メイン会場だけがすべてじゃないです。イルミネーションはそこかしこにあるので諦めちゃダメ。

カレッタイルミネーション2019

E 30mm F3.5 Macro|F3.5|1/60sec|+1.0

たとえばこちら。メイン会場外の後方から撮りました。このなめらかな曲線って・・・亀の噴水だよね??

カレッタイルミネーション2019

E 30mm F3.5 Macro|F3.5|1/25sec|+1.3

この写真はメインツリーの裏(後方)から。あえて手前のツリーを被せています。

カレッタイルミネーション2019

E 30mm F3.5 Macro|F3.5|1/60sec|+2.0

ロウソクのモチーフかな?なんかアラジンっぽいオリエンタルな雰囲気になりました。

イルミネーション撮影で気をつけたこと

今回の「カレッタイルミネーション2019」を撮るにあたり気をつけたのは、「手ぶれ」「明るさ」のふたつです。

手ぶれは、絞り値を開放の「F3.5」に設定することで防止しています。

イルミネーションとか夜景を撮る場合、本当は絞って全体をシャープに撮りたいのですが、三脚を持っていないときはまずは手ぶれ防止を優先したいところです。

ゆっちぃ
ゆっちぃ

SEL30M35は開放F値でも比較的シャープに撮れるから好き

関連:作例付きレビュー:小型軽量マクロ「SEL30M35」の魅力

あとは、明るさ。

イルミネーションって、目で見ると煌びやかで華やかなのですが、カメラで撮るとその華やかさがなかなか出ないんですよ。

なので、あえて「明るめ」に撮ることを心掛けました。露出補正は+1.0~2.0くらい。

イルミネーション撮影でちょっと見た目と違うなーってときは、露出(明るさ)を上げてみるのがおススメです!

「【SEL30M35】カレッタイルミネーション2019を撮ってきた」まとめ

カレッタイルミネーション2019、とってもよかった!・・・ということで、まとめです。

  • カレッタイルミネーション2019はアラジンの世界観をイルミネーションショーで楽しめる
  • メインエリアは混んでるけど、写真スポットはいろいろ
  • 三脚がないときは手ぶれ防止優先で
  • イルミネーションの華やかさがイマイチなときは、露出補正をプラスにしてみよう

興味ある方は、あたたかくしてお出かけくださいね。

関連記事:
作例付きレビュー:小型軽量マクロ「SEL30M35」の魅力

コメント