記事をお探しの方へ|すべての記事を見る

曇天での紅葉撮影!撮影ポイントをまとめてみた

秋の風物詩、紅葉を撮ってきました。

遠出はせず都内の某公園&曇り空での撮影と、特別感はあまりないのですが、逆に「いつでもどこでもきれいな紅葉は撮れる!」ということが再確認できました。

というわけで、今回の撮影にあたり意識したことや注意したことをもとに、「曇りの日の紅葉の撮り方」についてご紹介します!

使ったレンズ:Sony E 50mm F1.8 OSS(SEL50F18)
関連記事:作例付きレビュー:ボケ感が美しすぎる「SEL50F18」の魅力

曇り空は無理して入れない選択

F3.2|1/80sec|-0.3|WB曇天

今回は曇り空だったので、全景ではなく、ピンポイント(葉っぱ)狙いで撮りました。

晴天であれば空の青と紅葉の赤を対比させたいところですが、あいにくこの日の空は薄い灰色。写真がボンヤリしてしまったので、あえて空は入れないことにしました。

空を入れることでバランスが悪くなったり、イメージと違ってしまう場合は、無理して入れる必要はないかなー、というのが個人的見解です。

空は好きなんですけど、今回撮りたかったのは紅葉ですし(`・ω・´)

思い切って葉っぱだけを切り取り、主役にしてあげるのもアリですよ。

しっとり感を出すなら露出はアンダーで

F2.2|1/125sec|-0.3|WB曇天

紅葉には少し大人びた雰囲気がありますよね。

その雰囲気を大切にするのであれば、露出はアンダー気味に設定するのがおすすめ。
しっとりした感じが出ますよ。

Sonyのαシリーズであれば、クリエイティブスタイルの設定でもかなり印象が変わると思います。今回はしっとり感重視だったので、女性や子供の肌を自然な色合いで再現する「ポートレート」を使用しました。(人じゃないけど。。)

ホワイトバランスの微調整を活用する

F2.0|1/250sec|-0.3|WB曇天

ホワイトバランスは「曇天」に設定しています。天候のまんまです。

ただ、デフォルト設定のままだと、鮮やかさや紅葉感(?)がわりと出にくいかもしれません。

そんなときは、さらにホワイトバランスを微調整してあげることでイメージに近づけることができます。(今回はやや赤めに調整)

ホワイトバランスの微調整方法はカメラによって異なるので、マニュアルを確認してくださいね。

おわりに

今回は「曇りの日の紅葉の撮り方」という超ピンポイントなテーマでお届けしました。

・紅葉の葉っぱを主役にしてみる(空を含めた全景にしない)
・露出をアンダー目にして雰囲気を出す
・ホワイトバランスの微調整でイメージ通りの写真を撮る

紅葉撮りの参考になれば幸いです!

コメント