記事をお探しの方へ|すべての記事を見る

同じApple IDでの複数端末利用のメリットと同期しない方法

スマホとタブレットの2台持ちをする人が増えてきました。かくいうわたしも、iPhoneとiPadを使っています。

iPadを購入する際、悩んだのが「iPad用にApple IDを新規作成するかどうか」でした。

なぜかというと、iPhoneで使っているApple IDをiPadに設定してしまうと、iPhoneの写真や連絡先などのデータやアプリが同期されてしまうためです。iPadはイラスト用に使うつもりだったので、その辺のものはいれたくありませんでした。

Apple IDを複数作って端末ごとに分けたほうがいいのか、はたまた同じにしたほうがいいのか。

わたしの結論は「同じApple IDで複数端末を利用する」です。

ここでは、その理由と、同じApple IDで複数端末を利用する際に同期させない方法をご紹介します。

同じApple IDで複数端末を利用するメリット

わたしは「同じApple IDで複数端末を利用する」ほうがいいと考えています。

その理由は、端末間で同期ができるからです。

チョット待って。iPhoneの写真とかアプリを同期されたくなくて悩んでたんじゃないの!?

そうなんですけど、すべてにおいて同期できないというのは、それはそれで不便なのです。

たとえば、iPadでメモやリマインダーを書いても、それをiPhoneで確認することができません。身につけている頻度はiPhoneのほうが圧倒的に多いので、iPhoneで確認できないというのは結構痛い。

後述しますが、iPadに実際触れていると、後から使用目的が広がることもあります。

アプリについても、iPadとiPhoneの両方にインストールしたい場合、Apple IDごとに購入が必要になってしまいます。本来であれば、一度の課金ですむところが、倍かかってしまうのはもったいないです。

Apple IDを端末ごとに分けるメリットもあります。それは、「iCloudの容量が増える」ことです。Apple IDひとつにつき、5GB分のicloudストレージを利用することができます。つまり、Apple IDを分ければ、端末ごとに5GBのストレージが使えることになります。

【手順】iPhoneの写真・連絡先やアプリをiPadに同期させない方法

同じApple IDで複数端末を利用したほうがいいとはいえ、やはり不要なデータやアプリは同期させたくないですよね。

その場合、同期したくない端末(今回はiPad)で同期を解除します。

解除の手順は下記のとおりです。

iPhoneの写真や連絡先などのデータの場合

  1. iPadの初期設定の際はiCloudへのサインインはせずに進み、ホーム画面でサインインする
  2. サインイン後すぐに、「設定」>「名前」>「iCloud」から不要な項目をオンからオフ(緑から白)に変更する

不要な項目がはっきりしなければ、いったんすべての項目をオフにして、使用していく中で必要となった項目をオンにすればOKです。

関連サイト:iCloud の設定を変更する|Appleサポート

アプリの場合

  1. 「設定」>「App Store」で、自動ダウンロードにある「App」をオフ(緑から白)

【体験談】iPadでやりたい事が増えてきた

はじめは、iPadはiPhoneとは使用目的が違うので、まったく別管理の状態で使用したいと思っていました。そのため上記手順で同期はバックアップ以外はすべてオフに。

ですが、数カ月経った今、「同期オン」に戻している項目も少なくありません。

理由は、iPadでできること、やりたいことが増えてきたからです。

たとえば、iPhoneで撮影した写真の補正や文字入れもそのひとつです。メモやリマインダーも同期することでとても便利に使えています。

さらにiCloudストレージは、iPhone、iPad、Windows PC間でのデータのやりとりもしているので、つくづく同じApple IDで使っておいてよかったと思います。

おわりに

Apple IDを複数持つよりも、同じApple IDで複数端末利用したほうが使い勝手がいいし、管理もラクです。

ただ、iPhone、iPadなどの端末同士が同期していたほうが使いやすいこともあれば、使用目的の違いなどによって同期させたくないこともあります。

その場合は設定で同期をオフにしてしまいましょう。

なお、当たり前ですが、他人が使う可能性のある端末については、Apple IDは分けたほうがいいですよ。

コメント