記事をお探しの方へ|すべての記事を見る

お絵かき目的で買ったiPadと一緒に揃えたグッズ・アプリを一挙紹介!

iPad

先日、1月に購入予約したiPadが届きました。

私が購入したのは 10.2インチiPad 128GB ゴールドのWi-Fiタイプ。「無印」と呼ばれる、一番オーソドックスなiPadです。

購入した目的は、絵を描く事。

長いこと絵を描くことから離れていましたが、デジタルイラストなら場所も道具もいらないと思い、購入にいたりました。

今回は、そんなiPadと一緒に揃えてよかったものを一挙ご紹介します!

ゆっちぃ
ゆっちぃ

iPadは昔(初代)使ってたけど、すごい進化していて驚いたよ!

買ってよかった!お絵かき用iPadと一緒に揃えたもの

それでは早速、iPadと一緒に揃えてよかったなと思うものをご紹介します。

Apple Pencil 第1世代

Apple Pencil 第一世代

iPadで絵を描くことが目的なので、Apple Pencilは外せませんでした。

Apple Pencilには第1世代と第2世代があり、iPadの本体によって利用できるものが違います。

私が購入したiPad(無印)に対応しているのが第1世代だったので、第1世代一択でした。

ほかのタッチペンは使ったことがないので比べられませんが、とくに違和感なく、なじんでいます。

充電も早いし、描きやすいし、大満足です!

iPadケース(本体カバー)

Apple純正ケースは高価だったので、Amazonで購入しました。

MS factory iPad 10.2 ケース 2020 第8世代 2019 第7世代 アイパッド iPad8 iPad7 カバー Apple Pencil ペンシル 収納 衝撃吸収 軽量 薄型 半透明 ソフトTPU オートスリープ ピンクサンド IPD-7-S-CLH-PK

これがすごくよくて、Apple Pencilはもちろん、Apple Pencilの付属品であるアダプタも一緒に収納できます。

iPadケース

このアダプタ、いつ紛失してもおかしくないサイズなので、収納できてひと安心。

また、背面は半透明のものをセレクトしました。

iPad

Appleのロゴが透けて見えるのがうれしい^^

ピンクサンドの色合いは、iPadの本体カラー・ゴールドとの相性もばっちりです。

2Wayスタンドにもなるので、絵を描くときは傾斜をつけています。

着脱式ペーパーライク保護フィルム

ペーパーライクフィルムは、iPadの画面を紙のような質感に変えてくれるアイテムです。

着脱式ペーパーライクフィルム

絵を描くならペーパーライクフィルムを貼ったほうがいいと聞き、エレコムのペーパーライクフィルムを購入しました。

エレコム ペーパーライク 保護フィルム 着脱式 【iPad 10.2 モデル対応】 反射防止 ケント紙タイプ 収納ケース付き TB-A19RFLNSPLL

こちらのペーパーライク保護フィルムはなんと着脱式なので、自由に貼ったりはがすことができます。

ただ、購入の決め手となった以下の動画でも言われていますが、ありがたいことに貼っていてもさほど解像感(クリア感)が損なわれません。

映画とかであれば迫力が落ちるかもしれませんが、ネットやYouTubeくらいであれば貼ったままでも問題ナシ。

他の保護フィルムは貼っていないし、むしろ反射が抑えられて見やすいので、私はほぼ貼りっぱなしにしています。

Procreate(プロクリエイト)

Procreate(プロクリエイト)は、プロも使う本格的なイラストアプリです。

なんかもう、このProcreateを使いたいがためにiPadを買ったと言っても過言ではありません。

そんな本格的なアプリ使いこなせるの?と思われるかもしれませんが、ProcreateにはAmity-sensei(アミティ先生)という心強い味方がいます!

特に以下の動画がとてもわかりやすくて、Procreate購入の決め手になりました。

この動画を見ながら一緒に描き上げたイラストがコチラ。ちなみに初描きです。

Procreateで初描き

これからたくさん描いて、腕を磨いていきます!

おわりに

今回はiPadと一緒に揃えたものをご紹介しました。

  • Apple Pencil 第1世代
  • iPadケース(本体カバー)
  • 着脱式ペーパーライク保護フィルム
  • Procreate(プロクリエイト)

どれもよかったので、是非参考にしてみてください。

コメント