A8フェス失敗に学ぶレンズ選びの大切さ

A8フェスティバル2018(A8フェス)に参加してきたゆっちぃです。こんにちは。

A8フェスは、広告主とアフィリエイターとの交流イベント。実際に商品を見たり、体験できるので、楽しみにしていました。

A8フェスティバル2018

にもかかわらず、とある初歩的なミスが発覚!

入場券忘れた? カメラ忘れた? あるいは・・・いえいえ、どれも違います。

私のミスはずばり「カメラのレンズ選び」!!

我ながら「なんじゃそりゃ」ですが、今回は失敗の原因について振り返ってみたいと思います。

はじまりは50ミリの単焦点レンズを選んだことだった

私の愛機はソニーのα5100。

A8フェスも、私にとっては立派な撮影会(?)なので、前日からレンズを何にしようか考えていました。

会場は屋内だし、やっぱり明るいレンズがいいよね。
それに混雑もするだろうから、離れていても撮れる中望遠がいいか。

レンズ(50F18)

そんなことを考えて選んだのが、50ミリの単焦点レンズ(50F18)。とてもきれいに撮れるレンズですし、F1.8なのでかなり明るいです。

「ここぞ」というときには、必ず持参するお気に入りレンズです。

そのため、これでオッケー!なんて思っていたのですが、結果は散々たるものでした。

50F18で失敗した理由

結論から言うと、被写体に近寄ることができませんでした。

とある美容系広告主さんがテスターを腕に塗ってくれたので、それを写真に撮ろうとしたのですがピントが合わない・・・。首と腕を思いきり伸ばしてもダメ、どうしてもピントが合いません。

というのは、カメラのレンズには最短撮影距離というものがあって、50F18は39センチなのです。

つまり、被写体から最低でも39センチは空けなければいけないということ。

スラリとした長い手足を持ち合わせているわけでもない私には、ちょっと厳しい距離間となりました。(ガクリ)

失敗写真

最短撮影距離不足の失敗写真

 

成功写真

最短撮影距離が足りている写真はボケがきれい。

おわりに

A8フェスに限った話ではありませんが、あらためてレンズ選びについて考えさせられた失敗でした。

繰り返しますが、レンズ選びは大切です。

撮影環境はもちろんのこと、被写体もちゃんと考えなければなりません。

本当に残念な失敗なのですが、救いようがないのは、2014年の自分のブログには50ミリの単焦点は無理って書いてあること。

標準vs単焦点。カメラレンズについて思ったこと

まったくトホホな結末でございました。

コメント