テーブルフォトに最適な背景紙スタンド

背景紙スタンド

背景紙や背景布は、撮影時に被写体の背景に使用する撮影用品です。

スタジオ撮影で使うのが一般的ですが、最近はメルカリやネットオークション、インスタの流行もあり、簡易版もよく見かけるようになりました。

私が使っている「mi-naテーブルフォトシンプル背景紙スタンドセット」は、背景紙スタンドと背景紙、それにプチレフ版がセットになったものです。2014年に購入したものですが、今も現役で活躍してくれています。

ポイントは、「大きさや価格が本格的すぎない」こと。テーブルフォトにちょうどいいので、作例や撮影時のポイント含めてご紹介したいと思います。

背景紙を使って撮れるもの

背景スタンドまずは、背景紙を使った撮影例から。

背景紙には、ごちゃごちゃした背景をすっきりさせるだけでなく、境目の線も消してくれるメリットがあります。境目がないことで、奥行きがでます。

被写体をより際立たせたい――そんなときは、ぜひ背景紙を使ってみてください。

背景紙スタンドの使い方

さてさて・・・、ここからは上の写真がどういうふうに撮られたものなのか、ネタバレです。

背景紙スタンド
ぐぐっとカメラを引きますと、背景紙スタンドで背景紙を吊るし、そのうえに被写体を配置していることがわかります。

背景紙スタンド
鎮座するカメラ猫・・・はさておき、背景紙はゆるやかなカーブを描くように吊るすのがポイントです。

あとは、撮影するのみ!
たったこれだけの手間ですが、写真の見栄えを大きく変えてくれます。

撮影時は背景紙から被写体がはみ出さないよう、被写体にぐっと近づいて撮ります。ただし、被写体にピントを合わせられる最短撮影距離を割ってしまうとピンボケになるので注意です。(最短撮影距離はレンズによって異なります。)
例えば、この写真を撮ったSony SEL50F18の最短撮影距離は0.39メートル(39センチ)。つまり、39センチより近づくことはできません。

背景紙スタンドちなみに背景紙を挟むピンチは、左右にずらして調整できますよ。

テーブルフォトシンプル背景紙スタンドセット内容

mi-naのテーブルフォトシンプル背景紙スタンドセットには次のものがセットになっています。(現在の商品名は「テーブルフォト インスタ映えセット 物撮り ミニスタジオ シンプル背景紙スタンドと背景紙・レフ板の3点セット」です。)

  • 背景紙スタンド(縦27~46センチ×横30センチ)
  • 背景紙(縦54センチ×横39センチ)5枚
  • レフ版(縦30センチ×横21センチ)

背景紙スタンド
背景紙スタンドは組み立て式なので、ドライバーが必要です。組み立て自体は簡単なので、時間や労力はさほどかかりませんでした。

背景紙背景紙は、5色(5枚)が付属しています。ただ、本格的な背景紙ではなく、ふつうのカラー画用紙なので、ちゃんと保管しないとシワになるので注意です。

慣れてきたら、お好みの背景紙や布を使ってみるのもおすすめです。

この記事で紹介した商品は「ミーナ」より購入できます。ミーナ以外は類似商品の可能性が高いのでご注意くださいね。
テーブルフォト インスタ映えセット 物撮り ミニスタジオ シンプル背景紙スタンドと背景紙・レフ板の3点セット
created by Rinker
¥2,900 (2019/09/22 14:37:58時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント