広角~望遠まで!小型ズームレンズ「SEL18135」の感想

SEL18135

ひさしぶりにカメラレンズを新調しました。

購入したのは、Sonyの「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS(SEL18135)」です。手動ズームですが、なかなか使い勝手の良いレンズです。

SEL18135 購入の決め手

レンズ選びはいつも悩みます。ということで、またもやソニーストアで相談させていただいたのですが、まずは私の希望をお伝えしました。

  1. 小型なカメラ本体(α5100)の良さを損なわないこと
  2. 望遠側の焦点距離は55mm以上であること
  3. 広角から望遠までカバーできること

そうしたら、すんなり「SEL18135」を勧められました。

望遠レンズにしては325gと小型軽量で、広角:18mmから望遠:135mmまでカバーできるので、まさに希望どおりだったんですね。

ちなみにカメラ本体がAPS-Cの場合、焦点距離は1.5倍と考えますので、実質27mm~202.5mmまでカバーできるということになります。

ゆっちぃ
ゆっちぃ

写りが良いと評判のツァイス「SEL1670Z」と迷いましたが、70mm(実質105mm)は望遠としてはやや物足りない・・・ということで、SEL18135に決めました。ツァイスはいつかまたの機会に・・・。

おまけ:α5100に装着してみた

SEL18135

α5100に装着すると、こんな感じ。望遠にするともっと伸びます。望遠レンズにしては小さいですが、やはりボリューミーですね。

首からかけるとレンズがお辞儀してしまうものの、撮っているときはあまり気になりませんでした。

SEL18135ではどの程度望遠できるのか

SEL18135は、光学7.5倍の高倍率ズームとのことで、試してみました。

Sony SEL18135|18mm|F3.5|1/3200sec

まずは一番広角側で撮った写真です。同じ場所からズーム(繰り返しますが手動です)してみると・・・

Sony SEL18135|135mm|F5.6|1/1000sec

ペリカン(?)の表情がはっきりわかります。お口から水も出てますね!

SEL18135でいろいろ撮ってみました!

SEL18135で撮影した写真をご紹介します。

Sony SEL18135|135mm|F5.6|1/250sec

望遠側の開放値で撮影しました。F5.6だけれども、被写体と背景に距離があれば結構ぼけます。色の出方もわりかし好きです。

Sony SEL18135|59mm|F8.0|1/100sec

池の真ん中にある鳥の噴水。こういう近づけないものを撮れるのが、望遠レンズの良いところ。

Sony SEL18135|133mm|F5.6|1/250sec

うっすらですが、撮り方によっては玉ぼけも作れるようです。

Sony SEL18135|130mm|F5.6|1/250sec

水辺に咲く紫陽花の花。こちらも望遠レンズならでは。

これまで諦めていたような写真が撮れるのは楽しいです♪

補足:ソニーストアがおすすめです

ソニー製のレンズを購入するなら、カメラ・レンズの故障に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けられる「長期保証<ワイド>(有償)」が選択可能なソニーストアがおすすめです。

そうそう壊れることはないと思いますが、外に持ち歩くものなので、私は念のため5年ワイド保証に加入しました。

ソニーストアでSEL18135をチェック!

αあんしんプログラム(有償)に加入すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料/5年〈ワイド〉50%OFF」の優待が受けられます。ポイントは先に加入しておくこと。同時加入だと、優待対象外になるので注意が必要です。

コメント