コスパ重視派におすすめ!AnkerのBluetoothスピーカー「SoundCore mini」の魅力

スマホやPCの音質に満足していますか?

もし満足していないのなら、AnkerのBluetoothスピーカー「SoundCore mini」がおすすめです。

Anker SoundCore mini

SoundCore miniは2千円台でありながら、手のひらサイズで音質が良く、シンプルで使いやすいです。良いこと尽くしでとても気に入っています。

もうちょっと音質がよければなあ。
ボリューム、もう少し上げられないの?

SoundCore miniは、そんな悩みを持っている方におすすめのスピーカーです。

小さなボディなのにサウンドはパワフル

Anker SoundCore mini

オーディオの技術は詳しくないので、公式ページより引用します。

驚くべき小ささを維持しながらも、5Wのオーディオドライバーとパッシブサブウーファーにより、パワフルで重みのある音を実現しました。

難しいことはわかりませんが、とある楽曲で、今まで聞こえなかった低音(効果音みたいなもの)が聞こえるようになり、迫力が増しました!

ゆっちぃ
ゆっちぃ

音がよくなったので、
音楽をより楽しめるようになりました♪

誰でも使える!シンプルな操作性

Anker SoundCore mini

SoundCore miniの操作はとてもシンプル。

なんといっても、ボタンが+(プラス)と-(マイナス)、それに▷(再生)の3つしかないので、あれこれ迷わずに音楽を聴くことができます。

▷:再生、一時停止
+:音量アップ、次の曲へ(長押し)
-:音量ダウン、前の曲へ(長押し)

ガタつきしらずの安定ボディ

Anker SoundCore mini

SoundCore miniの底辺はラバー状になっており、すべりにくく、安定した状態で音楽を楽しむことができます。

長時間連続再生で音楽が身近に

SoundCore miniは1度の充電で約15時間の連続再生が可能だそうです。(再生条件によります)他の商品と比べてみるとわかりますが、これはかなり長いです。

また、再生が終了するなどして無音状態が約10分続くと、自動的に電源がオフになります。夜そのまま寝入ってしまってもOKなので、べんりです。

かんたんな初期設定ですぐに使える

SoundCore miniは使い始める時の初期設定もかんたんです。ただ、若干マニュアルがわかりにくいのが玉に瑕。ということで、設定方法をまとめてみました。

  1. まず、スマートフォンやPCなどの機器側でBluetoothをONにします。
  2. SoundCore mini本体の電源をオンにします。
    正面の青色ライトが点滅しはじめますが、点滅しない場合は【M(モード)】ボタンを押してみてください。
  3. 機器側で「Bluetoothペアリングの要求」などのポップアップメッセージが出たら、「ペアリング」を許可します。

機器側でSoundCore miniが接続済みとなれば、設定完了です。

Anker SoundCore mini

次からは自動的に最後にペアリングしていた機器とつながるので、毎度設定する必要はありません。

なお、ペアリング後に別の機器とペアリングしたい場合、機器側でペアリングを解除するか、M(モード)ボタンを長押しします。

Mボタンを長押しすることで、SoundCore mini本体がペアリングモードに移行し、別の機器とペアリングできるようになりますよ。

ペアリングモード時は「ポンポンポンポン」という音とともに、正面の青色ライトが点滅するのでわかりやすいです。

まとめ

SoundCore miniは、オーディオにこだわりがある方には物足りないかもしれませんが、「もうちょっと良い音で聴きたいんだよね」というニーズには十分応えてくれる商品です。そして、コストパフォーマンスがすばらしいと思います。

マニュアルがわかりにくいという難点はあるものの、サポートはメールのほか、電話でも受けてもらえるので安心です。

小さいので部屋に置いておいても邪魔になりませんし、ドライブとか外へ連れて行っても楽しそうですね!

SoundCore miniにはブラック以外のカラーもありますが、価格が違うのでご注意ください。

コメント