記事をお探しの方へ|すべての記事を見る

コロナ対策に!使い方カンタン「プッシュスティック 触れない棒」

プッシュスティック 触れない棒コロナ禍で、衛生に対する意識が高まったという人は意外に多いのではないでしょうか?

そうすると、これまで気にもとめなかったことが気になり始めたり、気になっていたことはもっと気になるのではないかと思います。

私の場合は後者で、タッチパネルとかエレベーターのボタンとか不特定多数の人が触るところが苦手で極力第二関節を使うようにしていましたが、最近は第二関節もできれば温存しておきたくなりました。(要は触りたくないw)

そこでまず考えたのは、ペンでの代用です。
いつも持ち歩いてるし、なかなか良いと思ったのですが、よくよく考えたらプッシュした後の接触面が汚れたものをそのままバッグにしまうわけですよね・・・。

ゆっちぃ
ゆっちぃ

それは無理・・・

つまようじであれば使い捨てもできますが、そもそも銀行やエレベーターでおもむろにつまようじ出す姿ってどうなの??・・・という疑問が。。

しかも、使用済みつまようじはティッシュにくるんで持ち帰り捨てることになります。
手間がかかるうえに、つまようじもティッシュももったいない!

そんな私の悩みを解決してくれたのは、プライムステージさんの「プッシュスティック 触れない棒」という商品です。

これがまた、めちゃくちゃよかったのでご紹介します!

「プッシュスティック 触れない棒」とは

プッシュスティック 触れない棒

「プッシュスティック 触れない棒」は、自分の人差し指の代わりにタッチパネルやボタンが押せるペン型の棒です。

しかも、一般的なボールペンよりも小型(長さ10.5cm・重さ約4g)でありながら、タッチ部分が収納できるというではないですか!
見つけた瞬間、「ああ、これだ」と思いました。

しかも、うれしいことに

  • 日本製
  • 抗菌樹脂使用
  • 持ち歩きに便利なリング用の穴とクリップ付き
  • プチプラ(398円)

と、至れり尽くせり。
これはもう買わない手はないし、さっそく両親にもプレゼントしました。

使い方もとてもカンタンで、

プッシュスティック 触れない棒

赤いカバー部分を引くと・・・

プッシュスティック 触れない棒

ボタンを押すためのタッチ部分が出てきます!

もちろん、赤いカバーから指を離せば、自動的にカバーが戻るのでタッチ部分が他のものに触れてしまうこともありません。

また、カバー部分だけなくしちゃった!なんてこともなくて安心です。

「プッシュスティック 触れない棒」を使ってみた感想

さっそく職場のエレベーターで使ってみたところ、目立つことなく使えました。
一見、普通のペンにしか見えないのがポイントですね。

あんまり大げさなのだと「あの人めちゃくちゃ意識高いじゃん」みたいに思われそうですが、触れない棒の場合、ペン先で押してる風にしか見えないので「さりげなく」使えます。

あと、使い方が難しかったりすると、モタモタしてとっさに使えなかったりしますが、これはカバーを引くだけなのでサッと使えて便利です。

ゆっちぃ
ゆっちぃ

コンビニのATMでも大活躍中w

ただ、なにぶん小型ですので、紛失にはお気を付けください。(私は初日に落として探しました。。)

おわりに

「プッシュスティック 触れない棒」は、ペンのようにさりげなく持ち歩けて、いつでもどこでもサッと出して使える点がとてもよかったです。

職場で使っていても悪目立ちしないので、ビジネスマンの方でも持ちやすいと思います。(スーツの胸ポケットにさしていてもボールペンにしか見えないのでご安心を。)

色はレッドとブルーの2色があり、各カラー単品のほか、2色入りのセットもあるのでチェックしてみてください。

プッシュスティック 触れない棒は、楽天の「あす楽」に対応しています。
メール便が使えるので、送料220円で送ってもらえますよ!

インスタでも紹介しています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆっちい@趣味ブロガー(@yue_okonomi)がシェアした投稿

コメント