マイペースなわたしが『焼肉ライク』を気に入ったわけ

焼肉ライク

焼肉、好きですか?

わたしは好きです。だけど、できればひとりで食べたい。というか、誰かと一緒に焼肉屋さんへ行くと肩身がせまい。だけど、ひとりでは行きにくい・・・ぐるぐる。

そんなわけで、年に数回、家族と食べに行く程度なのですが、それでも好きです。

焼肉は好きだけど、ひとりで食べたい

肩身がせまかった理由はふたつあります。

  • 基本カルビしか食べない(タンとかモツとか食べられない)
  • すっごい焼いて食べる

以前、こんなことがありました。

大切に時間をかけて焼いていたお肉が、「これ焦げてきちゃってるからもらうね!」と横から掻っ攫われたのです。

わかりますよ・・・焼肉奉行からしたら、放っておけない気持ち。でもね、それはわたし好みに育ててたの!むきーーっ!!(おとななので声には出してません)

会社の歓迎会で焼肉コースだったときは、コースの一部である少量のカルビを大切に味わったこともあります。

つまり、ひとさまと食べる焼肉にあまり良い思い出がないのです。

ようやく出会えた焼肉パラダイス

そんな自分にとって、ようやく出会えたパラダイスが『焼肉ライク』といっても過言ではありません。まぁ、ちょっと大げさですけど。

焼肉ライク

ご存知の方も多いと思いますが、焼肉ライクは「ひとり焼肉」を気兼ねなく楽しめる焼肉チェーンです。カウンター席がメインで、1人1台の無煙ロースターでお肉を焼きます。

ただでさえ、おひとり様がしにくい焼肉。しかも、「女子でひとり焼肉」となるとかなりハードル上がります。そのハードルを一気に下げてくれたのが、焼肉ライクです。

ひとり焼肉――。それは、お肉を誰に掻っ攫われることなく、自分のペースで食べられる夢の空間。焦げ気味でも誰にも咎められることはありません。

加えて、お肉の単品をアラカルトで注文することができるので、わたしのように「カルビしか食べないのっ!」という人でも大丈夫。

迷い迷ってカルビの食べ比べ

わたしの胃が焼肉を求め、先日ついに焼肉ライクに行ってきました。昼時でしたが、並んではおらず、すぐに着席。客層は圧倒的に男性が多かったです。

迷い迷って、カルビ(50g/タレ)と国産牛カルビ(うす切/50g/塩)、それにごはんセットを注文しました。ついでにビールも。

注文はタブレットでおこないます。合計金額がわかりやすいうえ、おかわりも気兼ねなく頼めるのがいいですね。ちなみに、エプロンもタブレットで頼めます。(無料です)

焼肉ライク

お肉の到着を待つ間、カウンターに置かれているさまざまなタレに心ときめいてました。

軍配は普通のカルビ

ものの数分で配膳されました。はやっ!

普通のカルビ、柔らかくておいしかったです。「濃厚コク生しょうゆダレ」でいただきましたが、ごはんに合うー。

国産牛カルビもお肉の味はよかったのですが、うす切なので焼き加減が難しい!すっごい焼いて食べる私には、「さっと炙る」という芸当ができず、お肉が固くなってしまいました・・・。あと、塩味はわたしにはちょっとしょっぱかったです。

お肉のおかわりをしようかと悩んだのですが、100gでおなかいっぱいに。ごちそうさまでした。

まとめ

いろいろ書きましたが、要は焼肉が食べたいとき、ひとりマイペースに焼肉ができるお店があるよ、ということです。

体が焼肉を求め始めたら、ぜひ焼肉ライクを思い出してください。

焼肉ライク | 1人1台の無煙ロースターで好きなだけ楽しめる一人焼肉店

コメント