MENU
カテゴリ
アーカイブ
ゆっちぃ
ブロガー
派遣ではたらく、趣味ブロガー。おひとりさま満喫中。昔からのオタク気質。ひとりっ子。フォト検3級
ただいまテーマ移行中のため、一部表示が乱れている場合があります。

フォトブックを作ろう!写真集におすすめのレイアウトやサービスは?

マイブック

フォトブックは「結婚式や子どもの成長記録など思い出としてとっておきたい人向けでしょ」だと、思っていませんか?

もしそうだとしたら、とてもモッタイナイです!旅行や日々の記録など、写真の整理としても使えます。

そして、もしあなたがカメラを趣味にしているなら、ぜひフォトブックでオリジナル写真集を作ってみてください。

プロじゃないし、写真集なんか作っても売れないよ

売るためじゃなくて自分のために作ります。フォトブックなら一冊から作れますよ!

今回は写真集におすすめのレイアウトとフォトブックサービスをご紹介します!

目次

フォトブックによるメリット

私がフォトブックをおススメする理由はふたつあります。

フォトブックのメリット

  • フォトグラファー気分を味わえる
  • 友人や知人に見せやすい

とくに、「フォトグラファー気分を味わえる」のは貴重です。

自分の写真集を手にした時のあの高揚感。すごくうれしいし、励みになります。

だって、自分が撮った写真がすごく活きてくるんですよ? モニターで見る無機質な感じじゃなくて、温度感や質感が出てくるんです。

フォトブックを手にするたび、写真撮っててよかった!と思います

それに1冊の作品集としてまとまっていると、友人や知人にも見せやすいし、見てもらいやすいです。

手に取りやすい紙媒体であることに加え、フォトブックになっている時点で写真自体が厳選されているわけですから、なおのこと。

最近はデジタルカメラが多いので、カメラのモニターで直接見せることもできますが、デメリットもあるので注意したいところです。

  • 画面が小さすぎる(老眼の人はアウト)
  • 撮影枚数が多すぎる(見ているほうも飽きる)
  • 失敗写真も含まれていることが多い

おすすめレイアウトは「正方形+写真ドーン」

オリジナル写真集っていっても、どんなのがいいのかな?

写真家の山本まりこ先生が、「正方形のフォーマットで、1枚に1点裁ち切り(余白なし)写真を『ドーン!』っとレイアウトすることが好き」とおっしゃっていましたが、コレほんと超おススメです。

マイブック

1ページに写真1点という少し贅沢なレイアウト法ですが、写真をきわだたせ、かっこよく見せるならこのレイアウトがベストだと思います。

加えて、1ページごとに写真を1点配置すればOKなので、レイアウトがとても簡単です。

逆に1ページに複数の写真を配置する場合、どの写真を大きく見せるかなど、レイアウトが難しくなります。レイアウトは自由が利けば利くほど、凝りすぎて迷宮に迷い込みがち。当然、その分時間と労力がかかるわけです。

その点、「正方形+写真ドーン」なら、カンタンなのに「キマる」のでおススメですよ!

フォトブックのおススメは「マイブック」

マイブックは、2000年12月からスタートしたフォトブックサービスです。国内では草分け的な存在です。

プロの写真家からも評価され、アメリカ最大のプロフォトグラファー団体(PPA)より、アルバム部門トップの賞を5年間で4度、受賞したことも。プロも納得の仕上がりを実感いただけます。(マイブック公式サイトより)

プロの写真家から定評があることからもわかるように、品質の高さがウリになっているので、オリジナル写真集づくりにはもってこいなのです。

【作例】マイブックで作った写真集

以前、モニターで作らせていただいたマイブックをご紹介します。

ブックタイプは「MyBook ART 180S」の正方形です。

マイブック

まずは、表紙から。我ながらよく撮れたと気に入っている横浜の夜景にしました。

マイブック

開くと、薄紙がついています。

マイブック

本文仕上げに選んだ「ラミつや消し」は、マットタイプで、落ち着きのある高級感を出してくれました。触ったときの手のひらに吸い付く感触もいいです。

マイブックは黒の質感が美しいです。深みのある黒色で、写真全体を引き締めてくれます。

プロも納得・・・に納得

おわりに

まとめです。

  • カメラが趣味の人はフォトブックでオリジナル写真集を作るのがおススメ
  • レイアウトは思い切って「正方形+写真ドーン」にすると、簡単にできる上にキマる

それでは、すてきなフォトライフをお楽しみください!



気に入っていただけたらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次