記事をお探しの方へ|すべての記事を見る

バーミヤンのテイクアウトは外食自粛中の人におススメ!

バーミヤンラーメン(テイクアウト)

外食したいけど、新型コロナウイルスのせいで抵抗あるな~と思ってしまうのは、きっとわたしだけじゃないはず。

まあ、わたしの場合は外食というか、ラーメン食べられないのが切ないです。

コンビニのレンジアップ商品は利用してますが、意外とシンプルな醤油味が見つからないし、麺に関してはあと一歩、と勝手に思っています。

ということで、バーミヤンの「バーミヤンラーメン」をお持ち帰りしてみることにしました!!

今回は、お持ち帰りしたバーミヤンラーメンの感想と、テイクアウトのメリットをご紹介します。

バーミヤンラーメンをテイクアウト

バーミヤンラーメン(テイクアウト)

バーミヤンラーメンはテイクアウトといっても、レンジアップ商品です。おうちでレンチンしていただきます。

撮り損ねてしまったのですが、具材・麺は中ブタにのっていて、スープとは別になっていました。

バーミヤンラーメン(テイクアウト)

お箸、スプーン、手拭きが付いているので洗い物いらずです。無精さんにピッタリ笑。胡椒は付いていませんでした。

バーミヤンラーメン(テイクアウト)

レンジに入れて待つこと数分。完成です!!

具材はネギに、ホウレンソウ、しなちく、それに大きめのチャーシュー。具材の王道ですね。たまりません。

バーミヤンのチャーシューはわりと好きで、たまにおつまみでもいただきます。

バーミヤンラーメン(テイクアウト)

麺は、お持ちかえり専用麺を使っているとのことで、弾力のある食感が楽しめました。

テイクアウトのラーメンってどうなんだろうかと少し不安はありましたが、おいしくて満足~!

ちなみに、今回はバーミヤンラーメン単品で注文しましたが、チャーハンや一品料理、お弁当などもテイクアウトできますよ!

テイクアウト(持ち帰り)のメリット

今回、バーミヤンのメニューをテイクアウトをしたわけですが、じつはバーミヤンは宅配もやっています。

だけど、近くに店舗があるのであれば、テイクアウトのほうがおススメ。ということで、宅配と比べた時のテイクアウトのメリットをご紹介します。

メリット①:最低注文金額がない

バーミヤンのテイクアウトには最低注文金額がありません。

最低注文金額がない=1品から注文できるということです。

宅配の場合、最低注文金額が1,500円という壁があります。これは家族で利用するならともかく、おひとり様には結構なハードルです。

ひとりで1500円分も食べられないよ

バーミヤンはもともとがお安めの価格設定のため、ラーメンにチャーハンや餃子をつけてもなかなか1500円には届きません。

その点、テイクアウトなら注文金額を気にしなくていいので、食べられる分だけ注文できますよ。

メリット②:価格が安い

もうひとつのメリットは、宅配に比べ、価格が安いことがあります。

そう、同じメニューでも、テイクアウトと宅配では価格が違うのです。

宅配の場合、運んでもらう人件費が発生するのでこれは仕方がありません。なので、よりおとくに食べるならテイクアウトということになります。

<メニューの一例>
バーミヤンラーメン:テイクアウト539円、宅配650円
本格焼餃子(6コ):テイクアウト172円、宅配330円

とはいえ、近所に店舗がないとか、注文量が多いとかであれば持ち帰るだけでも結構な労力になってしまうので、状況に合わせて使い分けるのがいいと思います。

ゆっちぃ
ゆっちぃ

歩いて取りに行けば、ウォーキングにもなるよ!

待ち時間無し!テイクアウトならネットで予約注文しておこう!

わたしもそうなのですが、外食を控えている人は長時間店内で待つのも嫌だと思います。そもそも、待つのが好きな人はいないかと。

その点、予約しておけば指定時刻に受け取れるので、余分な待ち時間が発生せず便利です。

予約注文するならネットがおすすめ。メニューを見ながら選べるし、電話と違って聞き違いもないので安心です。

ただ、いくつか注意が必要なこともあります。

  • 注文できる時間は10:00~23:30
  • 受取り可能時間は店舗により異なる(早くに終わってしまう店舗もあるので要注意!)
  • 注文後のキャンセル不可

ちなみに、注文日から7日以内であれば、翌日以降の受取り分も扱っています。

興味のある方は、まずはお近くの店舗を探してみてくださいね!

店舗検索・予約注文はコチラ>>すかいらーくのお持ちかえり

ゆっちぃ
ゆっちぃ

今回紹介したバーミヤンのほかにも、ガストやジョナサンのテイクアウトもできるよ!

 

 

コメント