記事をお探しの方へ|すべての記事を見る

ついに決着? スタイリングはアロマキフィのヘアバターにおまかせ

Hair Butter

朝起きると、アタマが鳥の巣みたくなっている天然パーマのゆっちぃです。こんにちは。

天然パーマの私にとって、しっとりまとまった髪なんて夢のまた夢。ムースやオイル、ワックス、スプレーなど、いろいろと試してきましたがどれもイマイチ・・・。使いかけのヘアスタイリング剤がたまっていく一方でした。

そんな私が「使い切る」どころか、リピしたのが「AROMAKIFI(アロマキフィ) オーガニックヘアバター」

アロマテラピーメーカーのガイア・エヌピーが発売した商品です。(現在は、株式会社ビジナルに譲渡されています。)

※商品がリニューアルして、現在は「アロマキフィ オーガニックバター」として販売されています。以下の記事は旧商品の感想となりますのでご注意ください。

しっとり、まとまり感が持続

アロマキフィのオーガニックヘアバターの良い点は、とにかく、私のぼさぼさ髪をしっとりまとめてくれるところです。

これはもう、写真で見てもらったほうがわかりやすい。

Hair Butter

ちょいと恥ずかしいのですが、左はヘアバターを付ける前の素の状態。朝撮った写真です。

で、右側がヘアバターを付けてから8時間以上経過した状態。

一目瞭然ですよね。しかも、なかなかのキープ力であることがおわかりいただけると思います。

身支度の時短にも!一石二鳥のヘアバター

ゆっちぃは、時短にこだわります。なぜなら、朝は闘いだから。・・・と、その話はさておき、アロマキフィのヘアバターは、なんとお肌にも使えます。

それと時短と何か関係あるのかって? もちろん、大ありです。

髪だけでなく、お肌にも使える。つまり、ヘアスタイルをセットした後に手を洗わなくてもOKということです。

とてもとても急いでいるとき、スタイリング剤でべたべたの手を洗う時間さえ惜しまれます。

その点、アロマキフィのヘアバターなら、手に残ったヘアバターを洗い落とす手間がないうえ、ハンドケアまでできてしまうというわけ。

ずぼらな自分にとっては、まさに一石二鳥!

まあ、あと5分早く起きればって話もありますけどね。。

外出先でも重宝するヘアバター

Hair Butter

繰り返しますが、アロマキフィのヘアバターは髪だけでなく、全身に使うことができます。

たまーに、小鼻の皮がむけていたり、ヒジがささくれ立っていて、外出先で「うわっ!!」と焦ることがあるのですが、ヘアバターをバッグにしのばせておけば大丈夫♪

ラベンダー&ベルガモットの香りもきつくないので、どこででも使いやすいです。

ちなみに、ラベンダーはその草っぽい香りが苦手な人もいらっしゃるのですが、ベルガモットがブレンドされているので、比較的受け入れられやすい香りに落ち着いていると思います。

おわりに

アロマキフィのヘアバターは、もともと販売していたガイア・エヌピーが破産手続開始決定を受けた影響か、一時まったく見かけなくなりました。(ネットショップでは高額で売られていました)

その後、株式会社ビジナルがアロマキフィを引き継ぎ、リニューアルしたようです。
残念ながら、リニューアル後のヘアバターは試していないので、くどいようですが、本記事のレビューとは別物になっている可能性もあります。(今使ってるアロマキフィのヘアオイルがまだ残ってるので・・・。)

リニューアル後の商品は、香りも違う<ウェットアレンジ>と<ウェットスムース>の2種類あり、Amazonやロハコで販売しています。

また、アロマキフィ自体は店舗によっては取扱いもあるようです。HTTPS通信でないのがちと気になりましたが、参考までにのせておきます。
>>>http://www.aromakifi.jp/shop/

コメント