記事をお探しの方へ|すべての記事を見る

小説

小説の感想や書評など。

小説

コンビニ人間|多様性社会の中にあっての普通とは?

第155回 芥川賞受賞作の「コンビニ人間」を読みました。著者は村田沙耶香さんです。 『「普通」とは何か?を問う衝撃作』のキャッチにひかれて手にとったのですが、現代においてまだ、自由に生きられない生きづらさを感じる作品でした。 ...
小説

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない|残酷な世界を生き抜こうとあらがう子どもたちに涙

桜庭一樹著「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」は、2006年度に「このライトノベルがすごい!」で3位になったことからもわかるとおり、もとはライトノベルでした。可愛らしい挿絵も付いていたそうです。 あえて「もとは」と言ったのは、現在...
スポンサーリンク